シミ対策 まずは基本から

MENU

夏は一番老ける?!

夏は紫外線が多く、特に女性の方は紫外線でできるシミやそばかすが気になりますね。
日焼け止めを塗っただけでは、またシミができてうんざりする思いをした人も多いでしょう。

 

紫外線に向けての対策やコスメの使い方、シミ予防の仕方はたくさんあります。

 

これだけは知っていただきたいのは

 

シミができるのは決して紫外線だけではなく、暑さ自体にも原因があるということです。

 

そこで正しいスキンケアの仕方を紹介していきたいと思います。

 

光老化とは

紫外線と赤外線を含む日光

「紫外線さえ防げば、陽射しを浴びても大丈夫」という考えをお持ちの方、光老化に気も是非気をつけてください!

 

太陽光には紫外線のほか、肌に感じる「暑さ」の原因である赤外線、そして可視光線が含まれています。
紫外線は約10%であるのに対し、赤外線は50%、可視光線は40%も占めています。

 

大半を占める赤外線は、近赤外線、中赤外線、遠赤外線に分類されます。
この中の近赤外線がクセモノです。

 

近赤外線の「光老化」のメカニズムは、紫外線のそれとは異なっていて、原因はまだ完全に解明されていないのが現状ですが、ただわかっていることは、紫外線よりも深く皮膚に入っていき、筋肉組織を菲薄化(ひはくか)、つまり薄くしてしまうということ。
体の細胞内のミトコンドリアに影響し、細胞内に活性酸素を生成するとのことです。

 

活性酸素はDNAやタンパク質の破壊を促し、肌を老化させます。

 

紫外線よりもエネルギーは弱いので、「サンバーン」や「サンタン」のような急性的な影響はありませんが、注意は必要です。

 

まずは保湿

紫外線を防ぐ日焼け止めも大切ですが、事前に素肌への保湿を十分に行ってください。
その際、抗酸化成分が含まれたローションなどを使うことをおすすめします。

 

  • ビタミンC誘導体
  • フラーレン
  • リコピン
  • プラセンタ
  • アントシアニン
  • アスタキサンチン

 

などなど、ご参考にしてくださいね。

 

また、外からの防御だけでなく、インナーケアを習慣づけることも常識となっています。
これら成分を含むサプリメントのこまめな摂取や、食事からの予防も心がけてください。

 

曇りのある晴れの日が一番注意

夏は太陽の光が強く、曇りの日は日が差していないし大丈夫 と思いがちですがそれは間違いです。
確かに一番紫外線が強いのは晴れの日ですが、薄曇りの日の日が差している時が一番要注意と言われています。
なんと、紫外線が100%を超える時があるとのこと!

 

つまり、快晴の日よりも晴れの日の曇りがある日が一番危ないということです。
これは、是非頭のどこかにおいておいてください。

 

 

シミの予防やコスメについて

日焼け止めは紫外線をカバーする度合いがあります。カバーする値が強ければ強い程よいと思うと思いますが、逆に肌に負担を与えてしまい、最終的にシミやそばかすになる原因ともなります。

日焼け止め剤

 

  • 日焼け止め剤はSPF値、PAレベルを低めから試してみましょう。
  • 日焼け止めを落とすときは必ずクレンジング剤を使ってサッと落とし、長々こすることは控えましょう。
  • 紫外線をたくさん受けると思う前の日は肌保温を充分にしましょう。
  • 10〜14時の紫外線の多い時間はあまり外に出ないように心がけましょう。
  • お肌のシンデレラタイム(深夜22〜2時)にはなるべく寝ましょう。
  • ビタミンCやビタミンE、コラーゲンなどを意識して、分散してこまめに摂取しましょう

 

この対策は肌にも悪影響を及ぼさないので、ぜひ参考にしてほしいです!

 

日焼けした後もお肌にケアを

日焼けをしてしまったら、まずは患部を冷水や冷たいタオルなど冷やして、熱を取ってください。
赤くなっている部分は皮膚が炎症を起こしている証拠、5分間を目安に冷やしましょう。

 

炎症している時は刺激のある化粧品を使わないように。

無添加のローション


添加物などが入っていない優しい化粧品や、皮膚科推奨のドクターズコスメを使用するようにしましょう。

 

乳液や油分が多すぎる化粧品だと、炎症を取る妨げになってしまいますので、サラサラとしたローションにしてみてください。

 

※美白美容液などは、炎症が充分に落ち着いてから!

 

 

他にも世間にはたくさんシミ予防対策がありますが、これらのことは基本となることなので、ぜひマスターしてお肌の手入れをしてくださいね。

シミ取りプログラム OBAGIゼオスキンヘルス