ハイドロキノンとその他の美白成分

MENU

ハイドロキノンとその他の美白成分

美白の効果として、その大きさに比較されるのが、アルブチンビタミンCですが、ハイドロキノンはそのパワーのおおよそ100倍と言われています!!

 

今まで良いと言われているものの100倍ですから非常に効果も期待できる反面、強過ぎる故の副作用や取扱いの注意、医師との関係があるわけです。

 

ハイドロキノンで効果があるという声が増えている反面、一部の良く無い企業が高濃度だけを誇大広告し、安全面を考慮しなかった結果、肌のダメージを与えてしまったケースや、個人で輸入化粧品で高濃度のハイドロキノン配合品をいきなり使用し取り返しのつかない肌の問題が起きたケースも多いのも事実です。

 

ハイドロキノンとその他の美白成分
ハイドロキノン商品の技術や安定性の進化も目覚ましく、実績が増えて行くに連れて口コミサイトやレビューで良いものが明確にランクされているとも言えます。

 

安易に高濃度のものをいきなり購入するのではなく、充分に自分で先ずは調べてトライアルキット等でお試し期間を設けるのが良いと思います。
ハイドロキノンの他の美白成分についても少しおさらいしてみましょう。

シミ取りプログラム

代表的なのは、アルブチン、ビタミンC、コウジ酸等ですね。
美白化粧品の多くにはアルブチンが使用されて来ました。メラニン色素に直接働きかけ、その増殖を防いでくれるのです。
日焼けによるシミやソバカス、肌のくすみを抑える他、ニキビ跡等の補修もしてくれるようです。

 

ビタミンCは広く美肌や美白に効くと言われて来ました。メラニン色素の生成を抑え、
抗酸化作用が高いので免疫力が増します。肌細胞の細かい組織を繋ぐコラーゲンの生成にも大きく関り、肌の弾力やキメの基を作ります。
水溶性という特長があり多く体にはとどめられず、尿から排出されますので大量に摂取しても副作用等はありません。

 

コウジ酸はメラニン色素の生成を抑えシミ、ソバカスを出来にくくし、チロジナーゼ酵素の活性化を抑えます。コウジ酸は、発がん性があると言われた時期もあるようです。

 

化粧品への配合も禁止となったようです。その後使用量さえ守れば問題ないという見解になりました。

 

これらのハイドロキノン以外の美白成分は使用によって副作用は無いというメリットがあります。

 

但し、ハイドロキノンの様な強い効果は見えにくいとも言えます。
すぐに効果を求めたい方はこれですね。

 

普段の地道なケアで長い目でケアをして行きたい方は従来の美白成分という事になるかもしれませんね。

OBAGIゼオスキンヘルス