あなたの悩みを解決する「ハイドロキノン」そのすべてがわかります。

MENU

あなたの悩みを解決する「ハイドロキノン」そのすべてがわかります。

www.doctorslife.jp

日本人の多くの女性がもつ肌トラブルでワースト1位はやっぱり「シミ・そばかす・肝斑」ですね。

 

美容クリニックや皮膚科へ行って「シミを消したい!」と相談すると、レーザー治療や、さまざまな高濃度美白成分が配合されたスキンケア用品、あなただけの専用のお薬(軟膏)を処方されたりします。
このサイトは、専門機関へ相談しなくても、有名な美白成分「ハイドロキノン」を活用することで、あなたのシミの悩みを解決出来るかどうか?それをを判断して頂くためにさまざまな情報をまとめた女性のためのサイトです。

 

こんな悩みに効果的

www.doctorslife.jp

シミ・そばかすの悩みを解決できるのは、やっぱりハイドロキノンです。
いますぐハイドロキノンクリームで悩みを解決したい方はこちらをチェッ

 

ハイドロキノンは、日焼けによる「シミ・そばかす」のトラブルを解消出来る天然成分
(数ある薬剤の1つ)として、美容通イノベーターはもちろん、サロン業界・美容業界・医療業界では非常に知名度が高い成分です。

 

すでにご存知の方も多いと思いますが、この成分は、実は世界中で愛用されており歴史的にも古く有名なものなのです。

 

最近は化粧品に4%ほどのハイドロキノンを配合した美白クリームが人気をよんでいます。
(美容系のクリニックで処方されるものと同じような、高濃度に配合されたクリームです。)

 

昔からこの成分は、

  • 透明感のある明るいお肌を保つための整肌成分
  • お肌の漂白剤
  • 美白抗酸化成分

 

と言われており、メラノ細胞に対してピンポイントに働きかける事で、シミのポイントケアアイテムとして愛用されてきました。

 

 

 

 

 

 


シミ取りプログラム

こんな症状が私達を日々悩ませます

www.doctorslife.jp

 

※注意 医薬品ではありませんので、効果・効能を説明する医薬的な文章ではありません。

 

ビタミンCもシミに対して効果的!

 

一般的に美容・美白・美肌に興味のある女性の皆さまにとっては、ビタミンCが美白成分としては知名度が高いです。レモンやさつまいもに多く含まれますよね。

 

ビタミンCは、シミの原因となる「メラニン色素」をおさえる働きがありますが
実は、すでに発生してしまったシミに対しては、あまり効果が実感しにくいようです。

 

しかし「ハイドロキノン」という成分は、メラニン色素をつくる細胞「そのものの数」を減少させる効果があり
今から出来そうなシミ、出来てしまったシミ、そのどちらに対しても有効に働きます。

 

ハイドロキノンとビタミンCのダブル使用で相乗効果が期待できそうですね♪

 

 

その効果は、ビタミンCを始めとする美白成分のじつに

10倍から100倍

もの力があるとされています。

 

www.doctorslife.jp

 

大学の先生や薬品会社のコラムを読む限りでは、いろんな美白成分の中で、やっぱりハイドロキノンがシミに対しての一番の効果があると言われます。

 

 

※唯一の欠点は、お肌にこの成分があわない場合があるという事です。

 

その配合濃度にもよりますが、なんと約1〜5%の方がハイドロキノンを肌につけることで、赤味がでたり、腫れてしまったりするそうです。

 

その為、ハイドロキノンクリームをご購入された場合は、事前にパッチテストをしてお肌との相性をチェックするとよいと思います。

 

すべてのシミがこの成分により解消されるとは限りませんが・・現段階でこちらをこえるものはなかなかないと思います。

 

※その他、シミ取り成分といえば、ビタミンC、トラネキサム酸、近年注目されている「アスタキサンチン」も要チェックです。

 

シミを本気で消したいアタナは次の事に注意しましょう

 

  • 規則正しい生活をしてお肌のターンオーバーを正常化させる事
  • 紫外線を体に浴びない、感じないこと。(日焼止めはもちろん必須)
  • ハイドロキノンなどの美白成分を使うなら正しく使うこと。
  • 美容クリニックにいくなら、正しく先生の指示に従うこと。

 

 

このサイトを通じて正しいシミ取り知識を身につけてもらえると幸いです♪

 

 

ハイドロキノンは多くの医療機関で市販されていますし、お近くの薬局にもあると思います。しかし、近年インターネットで医薬品の販売が許可されたこともあり、医療機関でなくとも簡単に医薬品が入手出来てしまいます。

 

ますます身近に医薬品(薬)やドクターズコスメ(医者が処方する化粧品)が広まります。
インターネットで購入する場合は「アフターケア」が万全な信頼のあるお店で購入するように注意しましょう。

 

市販品をGoogle検索でピックアップ!
www.doctorslife.jp
※4%前後が配合されている商品が多いようです。

 

ところでですが、日焼けするとシミやしわになることはもうご存知だと思いますが衝撃的な動画を発見!

 

みなさん、こうならないように必ず日焼け止めを使いましょう。また、出来てしまったシミにはシミ取りクリームで対策ね。

 

 

図でみてわかるシミ取り方法

 

シミを取る方法は実は沢山あります!
www.doctorslife.jp

 

この→の部分を対処することでシミを防ぐ、消す事ができるのです!

 

www.doctorslife.jp

 

つまり、メラノサイトの活性化を抑制し、さらにメラニンが抽出させることも防ぐダブルパワーで動くのは「ハイドロキノン」なんですね。

 

 

人気のページはこちらです

 

ハイドロキノン人気商品一覧  ハイドロキノンの効果について

 

ハイドロキノンの副作用  メラニン抑制メカニズムについて

 

シミの発生メカニズムについてはこちら

 

シミ対策の前に知るべき事


OBAGIゼオスキンヘルス

ハイドロキノンクリームの効果と市販調査記事一覧

ハイドロキノンの濃度とその危険性それでは、ハイドロキノンを濃度別に効果や特徴をみていきましょう。ハイドロキノン1〜3%濃度刺激性がすくないのが利点です。この配合濃度だと一般的に安全性は高いと言われていますが、ハイドロキノンの効果や即効性が低くなります。ただし、半年以上の時間をかければシミをケアすることの効果は感じられるとおもいます。3%までの濃度であれば顔全体につけても基本的に問題ないとされていま...

それでは、ハイドロキノンの副作用についてポイント別に見て行きましょう。個人差はありますが、ハイドロキノンの副作用に注意ですハイドロキノンは非常に有効なシミケアアイテムですが強い成分なだけに、当然副作用もあります。濃度が高いほど美白効果が高いのは、このサイトで説明したとおりですが、濃度が高すぎると「白班(はくはん)」ができたり、お肌のかぶれ、赤味、ぴりぴりするアレルギーの症状が発生してしまいます。※...

市販されているハイドロキノンが配合されたシミ取りクリームをご紹介致します。ハイドロキノンは、薬事法の改正によって、ハイドロキノン配合コスメが手軽にインターネットで入手出来るようになりました。クリニックに行かなくても簡単に手に入るようになったハイドロキノン配合コスメは美の救世主アイテム!ハイドロキノン配合クリームやスティックタイプの商品をリストアップしました。ハイドロキノン 市販の化粧品リストアップ...

主に紫外線から発生するシミについて詳しく説明致します!シミが出来るメカニズムは先に説明したとおりですが、ここではもう少し詳しく説明致します。まず、下記の図をみてください。※図をみてわかるとおり、紫外線だけでなく、生理的老化現象や数々の活性酸素によってもシミが発生しますが、今回は紫外線からの流れで説明します。@紫外線をお肌に浴びると、角質細胞(ケラチノサイト)が、情報伝達物質(エンドセリン)に司令を...

ハイドロキノン配合クリームを通販で入手し、ホームシミケアを始めている方も多いはず。インターネット通販するなら、楽天市場、amazon、Yahooショッピング、DeNAショッピング、ポンパレモール、ヤマダモール、auショッピングなどなどいろいろありますが、届かない等のトラブルが心配なら以下の点に注意しましょう。お店の評価サイトのクオリティ知名度お客様サポートセンターの有無会社の規模発送時間このあたり...

今年もお肌にあった日焼け止めをつかって、日やけ対策をしてください。日焼けはこわいです。日焼けしてしまうと突然シミが発生してしまいます。

レーザーピーリングは、レーザー光線をお肌に照射して古い角質を取り除くだけでなく、肌の細胞を活性化させてお肌にハリまでも取り戻せるという効果があるのだそうです。角質層はケミカルピーリングでも除去することは出来ますが、もっと深い部分に効果を求めると、薬剤を使うケミカルピーリングでは痛みなどのリスクがかかってきます。それに比べて、レーザーは角質層からさらに真皮(もっと深い部分)に届いて真皮のコラーゲンを...

エアコン夏の限らず、室内でエアコンを利用する事はシミが出来る原因の1つといっても過言ではありません。特に、冷房によるお肌の乾燥はよくありません。エアコンの使いすぎにも注意しましょう。美しくなるには努力が必要なのですね皮脂夏は特に汗ばむ季節です。洗顔がとても重要な季節になります。でも、過度の洗いすぎはよくありません。皮脂のバランスを崩してしまいますので正しい洗顔を行いましょう。正しい洗顔を身につける...

 「なぜシミができたか」が分かればピッタリの改善策が見つけられる!シミの種類や範囲、原因や肌のタイプによって最善のケアが変わってきます。理想の対策を手に入れるために、まずはメカニズムを理解しておかなければなりません。下記の図はシミができるまでの過程を表しています。シミは「作り出す要因」と「肌に残す要因」の二段階で作られます。どちらか一方でも解消されれば、シミはできにくくなります。 

紫外線の防御が美白肌への最短ルートシミの本体となるメラニン色素ですが、実は紫外線から皮膚の組織を守るために必要な成分です。正常なメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)は、紫外線を浴びた際、その強さに応じてメラニン色素を産生します。メラニン色素は、化学変化を起こさずに紫外線を吸収し、皮膚内の組織が、紫外線に傷つけられるのを防御します。なお、正常なメラノサイトから作られたメラニン色素は、ターンオー...

このサイトで何度も紹介しておりますが、シミ、そばかすの原因には、大きく分けると体の中からと外からの原因があります。内的原因には活性酸素ホルモンのアンバランス新陳代謝の低下などが考えられます。外的原因には紫外線乾燥こすり過ぎなどが考えられます。それぞれの原因を知ることで対策が変わります。活性酸素によるシミの原因と対策法活性酸素とは私たちは、呼吸をして体の中に酸素を取り入れて高エネルギーとして利用して...

紫外線が生み出す活性酸素を除去したり、肌の老化を防ぐことを抗酸化作用と言います。抗酸化作用のあるビタミン類や、ポリフェノールなどを抗酸化物質と言います。抗酸化物質を含む食べ物を食事に取り入れて錆びない身体作りを心がけましょう。シミの種類シミの種類を知って対策をしましょう。一般的にシミとは、肌の上に、正常な肌色とは別のもの。おもに茶色か黒色の物を読んでいます。それらを医学的に分けると6種類に分類でき...

美白成分配合の化粧品を選ぶ。楽天通販やクリニック直営通販でハイドロキノンを選択するケースはありますが、ハイドロキノン以外にも美白成分を含む製品は沢山あります。シミを何とかしたいなら、美白成分を含んでいる化粧品を使うのは、非常に有効です。ここであげる「美白成分」とは、メラニン色素の量を減らすように働くものを指します。メラニン色素が作られる反応を抑える働きをしますが、どこで反応を抑えるかは成分により違...

女性ホルモンの変化は肌にも大きな影響を与えます。生理の前に分泌される黄体ホルモンは皮脂の分泌を増やしニキビを作ったり、シミも出来やすくするといわれています。また、この時期は皮膚も弱くなっているので過度なスキンケアはせず、最低限の保湿の手入れをし、紫外線には気をつけます。生理の後に分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)は肌に若さとみずみずしさをますホルモンです。女性の肌の美しさはエストロゲンにかなり...

健康な肌とは、角質層の水分と油分のバランスが良い状態をさします。ところが、角質層の、保湿成分をつくる力が低下してきて、角質層の湿度が30%以下に成った肌を、乾燥肌と言います。保湿力の低下した肌は細胞がめくれあがって紫外線が細胞の奥深くまで入り込み、細胞の核を傷つけ易くなります。核を傷つけられた細胞がシミ、ソバカス、癌化していきます。乾燥でゴワゴワしてきた肌には体の中からは、保湿成分を沢山含んだ食品...

「シミ取りクリーム」なるものをネットで探してみると、やっぱりハイドロキノン配合のモノが目立ちました。その中でも気になったのが、「新安定型ハイドロキノン」の存在です。扱いによってはお肌にトラブルを招くが、くすみケアやシミ取りに関しては、これ以上のものはないと言われているだけに、興味を持ったのです。「新安定型ハイドロキノン」というのは、不安定(酸化しやすい)なハイドロキノンをBCDACという界面活性剤...

紫外線は2月ごろから増えています。一番紫外線が多いのは、5月〜6月。また、秋から冬の紫外線の量も侮れません。一年中、紫外線対策をすることが必須です。シミ予防の第一歩が日焼け止めです。日焼け止めの化粧品を選ぶには化粧品に書かれている表示の「SPF 」と「PA 」をみて、シーンに合わせて選びましょう。SPF「SPF」とはSun Protection Factor の略で日本語では「紫外線防御指数」と訳...

洗顔は朝と夜洗顔剤を使ってします。夜は洗顔剤でしっかり落とすけれど朝は水だけで顔を洗うという方もいます。最近はふきとるだけで落とすというシートで簡単に済ませる方もいます。しかし、肌に残った油分は酸化されてシミの原因になります※ハイドロキノン配合石けんなどがよいかも。朝が寝ているだけで肌は汚れていないと思う方もいますが夜は新陳代謝をしていますから、古いアカを取り除くには洗顔剤が必要です。なぜなら、垢...

『石鹸でくすみがなくなる!』こんな見出しがと〜っても気になる今日この頃。3年ほど前に出会った石鹸も最近は休みがちになっていて、結局使っている化粧品のチューブ入りの洗顔フォームで洗ってしまいます。石鹸があるなら洗顔フォームを買わなきゃいいのにって思うけど、固形石鹸の難点はネットでしっかり泡立ててゆっくりじっくり洗顔しないと…って思うあまりに面倒な時のために買っちゃうんですよね。忙しい毎日の中、せめて...

石鹸洗顔あれから数日あれから数日石鹸洗顔、夜は毎日、朝はときどき…がんばってます。念入りに泡立てて弾力のある泡で丁寧にゆっくりと洗った後はやりきった感いっぱいですよ。2日目くらいから肌がつるつるになってキメも整ってきた感じ。まだまだくすみは取れてはいないです。でも化粧ののりが良くなって満足感はあります。でもそうなると意外にくっきり深いシワが目立つように…。保水・保湿しなくちゃ。石鹸洗顔で丁寧に皮脂...

ハイドロキノンは昔から有名な美白成分ですが、医療機関で処方されるケースが多はあるものの、成分を安定化させることが難しく、普通に市販されている商品は少なかったように思います。私もいろんな化粧品を使ってきましたが、やっぱりよく耳にしたのは、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」の3つ。「コラーゲン」「コラーゲン」は、身体の中では細胞同士を繋げるという大切な役割をしていて、お肌の弾力を保つための役...

肌の漂白剤と謳われる ‘ハイドロキノン’。強力にメラニン(シミのもと)を白くする事、シミの合成を阻止する事、出来てしまったシミを漂白する強力な作用…・・これらの効果から生まれた言葉です。もともとは皮膚科など、医師の処方によって、治療を目的に使われていたそうです。その成分が2001年から化粧品への配合が出来るようになったみたい。まだ12年、もう12年も前から?あったんですね。

『スキンピールバー』という名前の石鹸を見つけたのは、ハイドロキノンが配合された石鹸を探していてのこと。他にもハイドロキノンの配合された洗顔フォームなんかもありましたが、スキンピールバーにはくすみを無くしたいタイプ用の他に、敏感肌・乾燥肌タイプ、普通・脂性肌タイプ、ニキビ肌タイプと4種類もあるんです!そもそもスキンピールってなんのことか初めはピンとこなかったのですが、良く考えたらピーリングのことなん...