シムホワイト377とはその効果について

MENU

シムホワイト377とは?美白成分コラム

最近発見され、注目度が急上昇している成分、それがシムホワイト377です。

 

美白化粧品には予防型・漂白型・抗酸化型の3タイプがありますが、シムホワイト377はメラニンの発生を抑える予防型と言われる成分。

 

これまで予防型の成分で最も効果があるとされていたコウジ酸の実に20倍以上の「シミの予防効果がある」とされています。

 

さらに、シムホワイト377には“肌の漂白剤”として知られるハイドロキノンの数千倍のメラニン抑制効果があるとも言われています。

 

ハイドロキノンは配合濃度があがると肌への刺激が増したり副作用として紫外線で変性してしまうので、日中の使用が制限されるという欠点があります。
それに対し、シムホワイト377は植物由来の成分のため、肌にやさしく刺激も少なく、日中の使用制限がないのもうれしいポイントです。
※といっても、日焼け止め使わないと美白する意味はないですけどね・・

 

シミ

 

出来てしまったシミを薄くする効果はハイドロキノンに及びませんが、これから作られるメラニンの発生をブロックするパワーは数ある成分の中でトップクラス!!

 

シミやシワを強力に予防する、心強い成分です。

 

さらにダブルぱわー!あらう
<ハイドロキノン配合 石けん>

ハイドロキノン

ハイドロキノン


※シミやくすみに根気よく♪

シミ取りプログラム

医療関係者の間では

「やっぱり、ハイドロキノンやトレチノインが一番効果があるよね・・」
という医師たちの声が多いようです。

 

新しい成分の効果というのは試験官の中でのことなので、長年にわたって研究・改良されて続けているハイドロキノンより効果があるというのは安易かもしれません。
実情には程遠いのかもしれません。

 

シムホワイト377の効果を発揮するために!

シムホワイト377をはじめとする美白成分の中には水溶性のものが多く、そのままつけても皮脂(油)のバリアによって弾かれてしまうと言われます。

 

水溶性のスキンケア用品は、肌の奥まで成分を浸透させるのは難しいため、シムホワイト377配合の化粧品には肌への浸透力を高めるための様々な工夫がされています。

 

シムホワイト配合化粧品ってどこにある?

新しい成分なのでシムホワイト377を配合している化粧品はまだまだ少ないです。
日本で購入できるとすれば「ビーグレン」、「ドクターシーラボ」などの数社に限られております。

 

ちなみに「ビーグレン」は独自の浸透技術で有効成分をしっかり肌の奥まで届けることができるため、シムホワイト377の効果を最大限に引き出せると注目されています。

 

他にルミキシルというシミ取りクリームも有名ですね。
海外の商品です。ルミキシルについて詳しくは ルミキシル.com へ

ルミキシル

OBAGIゼオスキンヘルス