トレチノインとハイドロキノン

MENU

トレチノインとハイドロキノン

シミ取り治療として、皮膚科では肌のピーリングと合わせてハイドロキノンを処方することが多いようです。

 

ちなみに、トレチノインというのも医療機関で主に処方される医薬品になりますが、こちらも

 

シミやシワに対しての効果が更に増すようですが
加えて使用には更に注意が必要になることもお忘れなく。

 

キレイに

 

ビタミンAが肌のベースづくり、美肌効果に有効なことは知っている方も多いと思います。

 

トレチノインはビタミンA誘導体であり、血液中にも微量に流れるものなので、アレルギー等の心配は無いようです。

 

ビタミンAの100倍〜300倍の強い活性作用があるようです。

 

アメリカでは既に認可されニキビやシワの治療薬として広く処方されているのです。

シミ取りプログラム

トレチノインの特に優れた効果としては、皮膚細胞の細胞分裂を促進させるという部分です。

 

 

それによって、古くなった角質を剥がす=ピーリングやターンオーバーを活性化させるのです。

 

皮脂の分泌も抑える役割があるので、オイリー肌やニキビ症と言う肌質の方の根本からの治療、改善に繋がります。

 

シミやシワに対しての効果もあるのですが、なんと肌内部であのコラーゲンやヒアルロン酸を増やしてくれるらしいのです。

 

 

特別な製法で作られていない、普通のハイドロキノンではなかなか肌に浸透しにくいという問題もあるようですが
トレチノインのピーリング効果や肌細胞の活性化の特長と合わせることで、ハイドロキノンの特性が生かされるということです。

 

 

トレチノインの使い方

通常の肌のベースケア、化粧水や美容液の後に塗るだけです。
但し、連続使用は効果が下がってしまうので医師の定めたサイクルでの使用が効果を上げる、肌の安全制を確保することになりますので注意が必要です。

 

ハイドロキノンはトレチノインを塗った後に重ねるようです。
トレチノイン、ハイドロキノン両方に言えるのは、塗った後の日焼けは肌にダメージを与えるということです。

 

なので、必ず日焼け止めを塗ってから外出する事、なるべく日に当たらないように行動することが大切です。
あとは、保湿を充分にすること。

 

保湿は肌ケアの基本です。

 

また、この成分で特に注意すべき点として、妊娠中の方は使用できないということです。

 

あと、目や口の周り(おおよそ1センチ以内)には塗らないことです。

 

トレイチノンの治療当初肌に赤みがでて、化粧がのらなくなるようです。
治療過程で治るそうなので、医師から説明を受けるはずですがそう云う知識も必要ですね。

 

トレイチノンは未開封であっても1ヶ月で薬の効果が激減するので、常にフレッシュなものを皮膚科医から頂く必要があるので、いずれにしても皮膚科医と相談しての使用となります。

 

リフレッシュ

肌のビフォーアフター

OBAGIゼオスキンヘルス