食事と美白

MENU

食事と美白

食事と美白
美白の最終兵器はハイドロキノンというのは最近では当然なのかもしれません。

 

しかし、それはシミやシワが目立ってから気付いて隠そう、消そうと躍起になるということですよね。

 

理想的なのは、普段の生活から美白、美肌になることを心がけていれば良いわけです。

 

それが一番大切なことで、後にコストが掛かって困ったり、万が一の薬品トラブル等にもならなくてすむのです。
今からでも間に合います、もしくはハイドロキノンと併用してピーリング効果や肌の細胞の活性化を促しながらより美しいお肌づくリを心掛けて行きましょう。

 

 

やはり毎日のことで言えば、食事でしょう。
ターンオーバーすれば綺麗になるはず!
食事と美白

 

肌の老化の目に見える現象が、シミやシワ、くすみです。
日焼けをする=紫外線を浴びることで活性酸素が体の酸化を促進させることで起きるメカニズムです。

 

抗酸化作用の高い食品を摂取することで、メラニン色素抑制していくことで肌の老化を防ぎましょう。
有効な食材は次の通り。

 

ビタミンC、ビタミンE、リコピン、アスタキサンチン、エラグ酸、βカロチン、ポリフェノールなど

 

紫外線や年中通してエアコン管理されている生活での肌乾燥での肌細胞の回復効果には新陳代謝アップは大変重要です。

 

代謝のアップにはビタミンC、ビタミンB2、亜鉛、L-システインなどが効果的

シミ取りプログラム

これらの食材を普段の食事から多く摂る、サプリメントで補うことで肌老化に強く、回復機能を高めた美白、美肌を可能にする体にして行きましょう。
反則ワザをつかうと、高級サプリメント「プラセンタ」という美容サプリメントももちろんいいですw

 

その他、アスタキサンチンは赤い美白と天然色素で多く摂取しても副作用もありません。

 

ビタミンC等に比べてもその活性酸素の除去効果は格段に高く近年化粧品にも多く使われて来ました。
鮭やイクラに特に多く含まれます。

 

一日に鮭の切り身で2切れ程度摂ることで理想的な摂取量に到達します。
天然の色素なので多く摂取しても副作用等もありません。

 

エラグ酸は、ザクロやベリー系の果実に多く含まれます。

 

黄色い色素のポリフェノールと言えば解りやすいでしょう。抗酸化作用が高いことは有名ですね。
メラニン抑制効果が高いので、美白、美肌研究の進む韓国女性はザクロが好きで、韓国コスメにも多く使われます。

 

同じくリコピンも近年ブームになりましたね。抗酸化作用の高い身近な食材の代表。
日本人もトマトソースは大好きです。

 

 

ビタミンCは昔から有名な美白、美肌の定番栄養素。L-システインと同時摂取で効果がアップするということが解っています。
L-システインは大豆、小麦胚芽、ハチミツに含まれ美白美肌のサプリメントとしても有名ですね。

 

ビタミンCとタンパク質の同時摂取も効果が高まるので、毎日の献立に生かしやすいので是非お試し下さい。
まずは、内側をきれいにしていきましょうね!

OBAGIゼオスキンヘルス